臭い玉を取っても口臭は治らない!正しい対策はこれ。

臭い玉

臭い玉を取れば口臭は消える。実はこれ真っ赤な嘘です。

臭い玉自体が強烈な悪臭を発生しているから、ついつい口臭の原因だと思われがち。しかし原因は別なところにあります。

 

一生懸命臭い玉を取っても、口臭の改善はできません。それどころか取り続けているとさらに口臭を悪化させることも。ということで今回は臭い玉について発生原因と対策方法について書いていきたいと思います。

 

臭い玉はどうして発生する?

そもそも臭い玉とはなんでしょうか。

正式には膿栓と呼ばれる、一言でいえば細菌の死がいが集まった白い固まりです。

 

我々の体には免疫機能があります。細菌が喉まで侵入すると、攻撃するために免疫細胞が働きだします。ネバネバする粘性物質を出し、細菌を絡め取ろうとするわけですね。そして粘液中には白血球が存在し細菌を攻撃します。それらの死がいの集まりが固まったものが膿栓です。

つまり喉に細菌が侵入する限り膿栓は発生すると言い換えることができます。

 

どこに発生する?

臭い玉膿栓のどちんこの左右にある扁桃と呼ばれる部分に発生します。細菌が侵入してくると扁桃の免疫細胞からネバネバした粘液物質が分泌されます。扁桃には穴があり、その穴の中に死がいが溜まっていくわけです。最初は液体ですが、徐々に固まって固体となっていきます。

それが溜まってくると、次第に扁桃の穴から顔をだし、白い塊となって肉眼でも見えるようになってきます。

 

臭い玉が見えない場合もある

無菌状態の部屋にいない限り、呼吸をすれば必ず細菌は口内へと侵入してきます。では人間全員に臭い玉が存在することになりますが、中には見えないといった人もいるかと思います。

これは唾液によって扁桃の穴に溜まった死がいが洗い流されているためです。臭い玉ができない体質とかそういったことではありません。扁桃の穴をほじくり返すことで白い物体が見える場合もあります。

 

臭い玉を取っても口臭は改善されない

もし今口臭があり、臭い玉を発見した。「ああこれが原因か」と思って頑張って取っても口臭は改善されません。

なぜなら、臭い玉ができる根本的な原因を解決できていないからです。取ってもまた発生します。

それどころか、何度も取っていると扁桃の穴が広がり、細菌の死がいが余計に溜まりやすくなります。つまり余計に臭い玉が発生しやすくなります。

 

また臭いのは膿栓(臭い玉)だけではありません。膿栓が固まる前の状態を膿汁と(のうじゅう)といいますが、これも口臭の原因です。なまじ膿汁はネバネバする液体です。膿栓のように取り出しは不可能です。舌などに付着して、固まってしまえば強烈な口臭になります。実は臭い玉よりも膿汁のほうがやっかいな口臭要因なのです。

 

臭い玉が原因の口臭の対策方法

ここまでをまとめてみますと、臭い玉の有無は人それぞれですが、その原因となる膿汁は誰にでも発生します。呼吸によって細菌が侵入してこないなんてことはあり得ないので、必ず膿汁は発生します。重要なので2回言いました。そして膿汁は口臭の原因です。

 

しかし思い返してください。

誰でも膿汁が発生するのに、息が無臭な人は数多くいますよね。どうしてか?

息が無臭な人は、膿汁を唾液で胃へ洗い流しているからです。つまり唾液を分泌させることが、臭い玉対策にも口臭対策にもなるわけです。

唾液の出し方については過去に書いた口臭は自力で予防!臭い息で悩んでわたしの対策方法をご覧ください。

鼻づまりによる口呼吸の対策方法

口呼吸をするということは、ダイレクトに口に菌が入ってきます。鼻呼吸に比べて細菌の量が増えますので、膿汁も増えます。

しかも口内が乾燥しやすいため、うまく唾液で洗い流すこともできません。鼻づまりの症状がある方は、定期的にうがいをすることで膿汁を洗い流すことが良い対策方法になります。

その際、殺菌作用の強い液体でうがいをすると効果的です。殺菌作用の強い液体と聞くと、塩水やカテキン入りの緑茶が真っ先に浮かびますが、実はあまり効果はありません。

  • 塩水には、浸透圧の関係で細菌を脱水させ増殖を防ぐことが期待できますが、小さじ一杯程度の塩水では意味がありません。逆に濃度を上げると、口内の粘膜を痛めてしまいます。
  • カテキンの殺菌作用は有用ですが、そもそも市販のペットボトルの緑茶には十分な量が含有されていません。

 

かといって市販のマウスウォッシュなどの洗口液も、どれが1番効くのかという情報はネットでは出回っていません。人によって口内環境は違いますから、得られる効果も違うのです。この辺はいろいろ試してみて自分に合ったものを見つけていくしかありません。

 

まとめ

臭い玉を取るだけでは口臭は改善できません。発生したことに問題があるのです。それはつまり唾液で膿汁をしっかり洗い流せていないからで、解決方法は唾液を分泌させることです。

また定期的に殺菌成分入りの液体でうがいをして口内を清潔に保つことが重要です。

 

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA