ドブ臭い息はなぜ発生する?たった1つのシンプルな原因とは!?

口臭ドブ

息がドブ臭い。人から言われたり、感じたりしたことはありませんか。

ドブ臭い口臭の原因は、舌に舌苔が付着していたり、喉に臭い玉が発生していたりとさまざまです。

しかし突き詰めていくとたった1つの原因にぶち当たります。

それは唾液の分泌不足であるということ。

息がドブ臭いすべての元凶は、この唾液分泌不足で片付けられます。以下では息がドブ臭い原因について説明していきたいと思います。
原因はいいから解決方法を知りたい方は、筆者のドブ臭い息を解決した対策方法をご覧ください。

 

ドブ臭いとはどういう臭い?

そもそもドブ臭いとはどういう臭いのことをいうのか。簡単にいえば排水溝や下水道のような臭いです。

排水溝の前を通ると、強烈なヘドロ臭が漂っていることありますよね。これがドブ臭いと言われるニオイです。

 

そのニオイの元となるのが、メチルメルカプタンや硫化水素です。

 

ドブの中には、汚泥が多く存在します。そのなかに含まれる有機物質を嫌気性細菌が分解することによって、悪臭なガスを発生させます。この悪臭なガスがメチルメカプタンや硫化水素です。

つまり細菌がいて、分解するエサがあるという条件が整ったときに、ドブはドブ臭くなるのです。

 

息がドブ臭い原因は?

息がドブ臭いのは、口内でもドブと同じことが再現されているからです。

口内にも嫌気性細菌がいて、分解するエサ(食べかすや口腔内の剥がれ落ちた細胞)があります。

これにより、メチルメルカプタンや硫化水素が発生し、それが呼気として体外へ排出されているのです。

ドブと同じ悪臭成分が口内でも発生しているのですから、息がドブ臭くなるのも頷けますよね。

 

舌苔が付着したり、膿汁によって臭い玉ができたりする場合のドブ臭さも同じメカニズムで発生します。

 

菌とエサは必ず存在する

ドブ臭い息は、嫌気性細菌と分解する有機物。この2つが揃ったときに発生します。

ではこれらはどこから生まれてくるのか。

 

嫌気性細菌は、外から入り込んでくるわけではなく、生後に母親から受けつぎます。つまり人間が生まれた時から存在しているのです。

そして嫌気性細菌のエサとなる有機物。これも常に存在します。人間は食べ物を食べなければ生きてはいけません。新陳代謝で口内の細胞も剥がれ落ちていきます。

つまり常にドブ臭い息になる条件は整っているわけですね。

 

ドブ臭い口臭の人とそうでない人の違い

人間には誰でも息がドブ臭くなる条件が整っています。しかし実際は、ドブ臭くない人もいますよね。

この違いは唾液が十分に泌されているか、されていないかの違いです。

 

唾液には、口内の嫌気性細菌を洗い流したり、悪臭成分を発生させるのを防ぐ働きがあります。

常に唾液で口内が潤っている状態が続いていると、ドブ臭い口臭が発生することはありません。

 

ですからドブ臭い息の原因は唾液の分泌不足であるということができます。

解決方法としては唾液を分泌させるか、菌やエサを減らすかの2択になりますね。

 

コメントを残す

*

CAPTCHA