歯医者に行っても口臭が治らないその原因とは?解決策は?

歯医者口臭

口臭の原因としてよく考えられるのが歯石。歯医者に行って歯石を取ってもらったのに口臭が改善されない。

こういった経験はありませんか?

 

虫歯や歯周病もない。だけど息が臭い。こうなるといよいよもって「歯石が原因かな?」と考えてしまいますよね。

でも結局治らなかった。なぜ改善されないのか。

以下でもう少し詳しく説明してみます。

 

歯石自体は口臭と関係ない

歯石は歯垢(プラーク)が固まったものです。プラークは細菌の集合体のようなものでネバネバしています。この細菌が口内の食べかすなどを分解し、悪臭成分を発生させます。つまりプラークは口臭の原因です。

しかし歯石は固まっているので細菌は死んでいます。ですから口臭の直接的な原因にはなりません。

 

とはいえ、歯石ができたということは、その部分がうまく歯磨きで磨けていないという証拠でもあります。放っておけばその部分にプラークが溜まっていき、口臭や歯周病の原因になり得ます。

 

歯石を取っても口臭が改善されない原因と解決策

前述したとおり、歯石自体は口臭の原因ではありません。歯石をとることはどちらかといえば歯周病を防ぐためにするものです。口臭の予防に効果はほとんどありません。

悪臭の原因はプラークですが、どれほど丁寧に歯を磨いてプラークを除去しても口内の細菌が全滅することはありません。全滅しなければ再び増殖します。。

だから歯石をとっても、歯石の原因であるプラークをとっても口臭は改善されません。

 

では息が無臭な人は何が違うのか。細菌がまったくいない状態なのか。

息が無臭な人でも口内に細菌はいます。いますが、唾液によって細菌の活動や増殖を防いでいるのです。一般的に口臭のない人はさらさらした唾液を常に分泌しています。口臭のある人は、口内がネバネバした唾液になっています。

歯医者で歯石をとったけど 口臭が気になる方は、唾液の分泌に努めてみるといいかもしれません。
詳しくはネバネバ唾液が臭い理由。さらさら唾液を出す方法をご覧ください。

 

胃や腸が原因の口臭

歯医者で歯石をとって、さらさら唾液が分泌されているのに口臭が気になる場合は、胃や腸が原因の口臭が考えられます。

口内環境による口臭と、胃腸内環境による口臭は別物です。対策方法もまた変わってきます。

icon-book 関連
>>胃が原因の口臭の対策方法
>>腸が原因の口臭と対策方法

コメントを残す

*

CAPTCHA