なぜ唾液が臭い?原因を知れば対策はすごく楽勝でした

唾がくさい

唾が臭い。「この唾さえ止めれば、口臭が改善できる。」こう考えたことはありませんか?

「口が臭いのは唾が臭いせいだ、口の中を乾燥させれば息が無臭になる」と。

 

確かに乾燥していた方が無臭になるような気はします。足だって脇だって汗で濡れているより乾燥していたほうが無臭になりますものね。でもこの考えは大間違いです。

口内にいたっては、乾燥しているよりも唾液で濡れていたほうがいいのです。

 

そもそも本来唾液は臭くありません。ではなぜ臭くなるのか。原因対策改善方法を知っておけば無臭の息を手に入れることができますよ。

 

※注意!人間は唾液が出ないと大変なことになる

口臭改善

人間の口内には目には見えませんが、1000億以上の細菌が常に棲息しています。ずべてが悪い細菌というわけではありませんが、中には口臭の原因になる細菌も数多くいます。

唾はそういった細菌の繁殖や活動を食い止める働きをしています。

 

よく食後に歯磨きをしないのに口臭を感じられなかったり、虫歯にならない人っていますよね。それは唾液がしっかり分泌されているおかげなのです。

歯磨きという習慣がなかった大昔の人類でも、虫歯のある人はそれほど多くなかったと言われています。これも唾液のおかげです。

 

もしも唾液が出なかったら、細菌は繁殖し放題、活動し放題で、あっという間に歯は全部抜け落ち、臭い息をまき散らすことになります。

 

なぜ唾液は臭いのか

冒頭でも述べた通り、本来唾液は臭くありません。唾液が臭くなるのには理由があります。

唾液には、口内の細菌を胃へ洗い流すという効果があります。常に新しい唾液が分泌され、細菌が常に洗い流され唾はさらさらな状態。これが唾が臭くないひとの状態。

唾が臭い人は、唾液の分泌が不十分で、細菌を洗い流す効果が弱いのです。すると唾液内に細菌がたまり、徐々にさらさらな唾液がネバネバした状態へと変わってきます。このネバネバした状態の唾液が臭いのです。

 

要は、唾自体が臭いのではなく唾の分泌が不十分であるために、細菌が唾液内に長くとどまることが原因なのです。

 

唾が臭いときの対策方法

原因から考えると唾が臭いときの対策方法は、細菌を殺菌するか唾液の分泌量を増やすかのどちらかということになります。

臭い息は自力で解決できる。誰でもできる対策方法で詳しく解説していますので、ここでは簡単に説明させていただきます。

 

口内の殺菌

歯ブラシで普通に歯を磨くだけでは口内の殺菌はできません。殺菌効果のある歯磨き粉やマウスウォッシュ、マウススプレーなどのケアグッズと併用することで効果的に殺菌できます。

あまりお金をかけたくない場合は重曹うがいをおすすめします。5㎏で1500円くらいの重曹を、1回3gずつ使ったとしても1年以上は余裕でもちます。

 

唾液の分泌量を増やす

唾液を多く分泌させるためには、食事や生活習慣の改善が重要になってきます。

食事はレモン梅干し唾液分泌に効果的です。レモンや梅干しを積極的に食べましょう。そして夜は規則正しく毎日同じ時間に寝ましょう。

 

とまあよくある対策方法を語ってみましたが、こんなの続きませんよね。改善するのに時間もかかるし効果も不明瞭。

即効で唾液を分泌させるには舌を動かす。これが1番手っ取り早いです。

ララララララと1分間発声する。これだけで唾液はでます。

 

もちろん食生活の改善も重要だと思いますが、即効性はありません。舌の運動をしつつも徐々に生活習慣を改善していくというのが最も有効なルーティーンではないでしょうか。即効性+長期目線での改善。

 

唾が臭いときの改善方法

いかがでしたでしょうか。

唾が臭いのは、実は唾が不足しているからです。口内の殺菌をしつつ、唾液を分泌させる努力をすれば、唾が臭いのは改善されます。

結果的に口臭が改善され、臭い息とおさらばできるようになります。

以前口臭持ちだった筆者もこの考えで改善されました。ぜひ自分流にアレンジして最適な方法を見つけてみてください。

コメントを残す

*

CAPTCHA