【危険】研磨剤入りの歯磨き粉はホワイトニング目的で買うな

歯磨き粉研磨剤

歯を磨くときに歯磨き粉を使う方は少なからずいます。

「使わないと磨いた気がしない、爽快感がない」

こう思う方もいるのではないでしょうか。

 

市販の歯磨き粉の大半には研磨剤が含まれています。一般的に悪いイメージのある研磨剤ですが、実際イメージ通りです。

歯を白くしたいという、ホワイトニングが目的で買う方もいますが、正しい歯の磨き方を知らない人にとってはリスクが高いのも事実。

 

歯磨き粉のあまり知られていない裏の世界をご覧ください。

 

研磨剤はよくないのか

研磨という言葉は非常に聞こえが悪いです。そんなものを歯磨き粉に入れたら、まるで歯を削っているみたいじゃないですか。

みたいではなく、研磨剤はそのままの意味で歯を削っています。

 

歯のエナメル質

では歯を削ると何が悪いのか。

我々の歯は、エナメル質という層で覆われており、歯の神経を刺激から守ってくれています。

このエナメル質が削られてくると、虫歯になったり、知覚過敏のような歯がしみるといった危険性がでてきます。

 

もちろんエナメル質が削られるのは、研磨剤だけのせいではありません。歯の磨きかたにも大きく影響されます。

しかし研磨剤の存在も1つの要因であることに間違いはありません。

 

研磨剤は清掃剤として表記される

さてでは、普段お使いの歯磨き粉の裏面を見てください。成分表示が書かれているかと思います。

どこにも研磨剤とは書かれていませんよね。じゃあ「この歯磨き粉には研磨剤は含まれていない」そう思うのは早計です。

 

清掃剤

例えばこれ。

研磨剤とは書いていませんが、清掃剤と表記されています。

歯磨用リン酸水素Ca(カルシウム)とありますが、リン酸水素カルシウムは研磨剤の成分と思って差し支えないです。

また、プロピルジメチルオクタデシルアンモニウムクロリド結合無水ケイ酸と長々しい成分も入っております。

こちらはサンスター独自の研磨剤です。

余談ですがこれが入っていればサンスターの歯磨き粉確定です。

 

 

 

 

 

基材

 

こちらは清掃剤とも書かれていません。

しかしよく見ると、基材と書かれた横に、先ほどと同じくリン酸水素カルシウムの表記があります。

その次に無水ケイ酸の表記も。

これも研磨剤です。

清掃剤と書かれていなくても基材のところに書かれている場合もあります。

 

 

研磨剤の成分はこれ

リン酸水素カルシウムと無水ケイ酸の例を挙げましたが、他にも研磨剤の成分として使われる化合物はあります。

代表的なのは以下。

  • 無水ケイ酸
  • 重質炭酸カルシウム
  • リン酸水素カルシウム
  • リン酸水素ナトリウム
  • 炭酸カルシウム
  • 水酸化アルミニウム

 

この手の名称が出てきたら、「ああ研磨剤入りか」と思ってください。

 

研磨剤入りの歯磨き粉のメリット

市販の歯磨き粉をみれば分かりますが、上記の研磨剤が何かしら入っています。

ではどうして歯が削れるのにメーカーはこの手の成分を配合するのか。

 

それは歯の黄ばみの原因であるステインをよく落とせるからです。

ホワイトニングという言葉が誕生するほど、白い歯になりたいという欲求は誰でもあります。

黄色い歯より白い歯のほうがいいですよね。

 

歯の黄ばみという分かりやすい汚れが落とせる。それはつまり良い歯磨き粉という評価が得られるわけです。

 

消費者のメリットとしては歯の着色汚れを落としやすい。歯医者に行ってホワイトニングする手間が省ける。料金も安いということです。(その代償として歯を傷つけているのですが・・・)

 

研磨剤に虫歯や口臭予防の効果なし

研磨剤はステインなどの歯の着色汚れを落とすのに効果は高いです。

ここで注意してほしいのは、着色汚れと虫歯や口臭は関係ないという点です。

歯の着色汚れが落ちやすいから、虫歯予防や口臭予防している錯覚に陥ります。でも錯覚です。虫歯や口臭には効果を発揮しません。

 

もしも歯磨き粉に虫歯予防や口臭予防の効果を求めるなら、研磨剤入りの歯磨き粉を選ぶ必要性がないわけです。

研磨剤は歯を白くするためだけに配合されていると言っても過言ではありません。正しい歯の磨き方ができて、ホワイトニング効果を求める場合のみ使用すべきです。

 

高いホワイトニング効果を求めるなら

歯医者に行く。

これに尽きます。歯医者のホワイトニングも結局は塗布する薬剤に研磨剤が含まれていますが、そこは歯のプロ。

削っていることには変わりありませんが、ツルツルになるように磨いてくれるので、着色汚れは付着しにくくなります。

歯磨き粉で毎日せっせと磨いていたのは何だったんだ。と思わせるくらいきれいな仕上がりになりますよ。

 

ただしホワイトニングは保険適用外ですので、料金は高いです。わたしの近所の歯医者では3万円前後が相場でした。

 

まとめ

コーヒーや紅茶などを毎日飲む方、たばこを吸う方で歯の着色が気になる場合は、研磨剤入りの歯磨き粉を使うのもありかと思います。

しかしこれらの習慣がない方が、歯を白くしたいという目的で使うのはリスクに見合っていないです。

虫歯予防、口臭予防が目的ならば断然研磨剤なしの歯磨き粉を選ぶべきです。

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA