スマホ型口臭とは?原因や改善方法を探ってみた

スマホ口臭

スマホを長時間使用していると、口臭が発生する。

いかにも胡散臭い都市伝説のような話ですが、口腔ケアの専門家の研究結果ではそういったデータがあるようです。

 

現在、1人1台といっても良いくらいに普及しているスマホ。動画やSNSといった豊富なコンテンツがあり、1日中見ていても飽きないという方も多いのではないでしょうか。

しかし口腔ケアの専門家から言わせればそれは禁物。スマホを長時間使用することによるスマホ型口臭が流行しているらしいのです。

そこで今回は、スマホの長時間使用で口臭が発生する原因と解決方法についてお伝えします。

 

スマホで口臭が発生する原因

問題なのはスマホを長時間使用することではなく、その時の姿勢です。

普段スマホを見るときに、なんとなくうつむき加減で見ますよね。長時間の使用はこのうつむき加減が長時間続くということです。画面も小さいですし、目が疲れてくれば余計に姿勢が悪くなります。

スマホうつむき加減

この状態が唾液の分泌を減少させるそうです。そして毎日続けていると、次第に唾液の分泌が少ない状態が当たり前になります。日常生活でもあまり唾液が出ないということです。

よく唾液の分泌にはストレスが関係していると言われますが、こういった悪い姿勢が首や肩などへの凝りにつながりストレスとなるわけですね。

 

そして唾液の分泌が悪くなれば、口内の細菌も活動しやすくなり口臭が発生するのです。

「歯磨きしてれば大丈夫でしょ」

と思うかもしれませんが、歯磨きだけでは口内の細菌は絶対に取り除けません。唾液の分泌が十分でない限り口臭は発生します。

 

スマホ型口臭への対策方法

スマホ型口臭を改善するには2つしかありませんよね。

「姿勢を改める」か「唾液を分泌させる」これ以外に対策方法はないです。

 

スマホ使用時の正しい姿勢

ポイントとしてはいかに目線を上げて、体に負担のかからない持ち方をするかということです。

「スマホ正しい姿勢」あたりで検索すれば、ごまんとでてきますが、よい座り方とスマホをみるときの正しい姿勢が分かりやすいです。

 

実際試してみると、確かに首や腰が楽になった気がします。 ただ急に唾液が出るようになるかといえば、そういうわけでもありません。この正しい姿勢を続けていくことが重要なのでしょう。

 

唾液を分泌させる

唾液をより分泌させるには、唾液腺のマッサージや食事をよく噛むなどの唾液腺の刺激が重要です。

わたし自信も唾液の分泌が少なくて口臭に悩んでいました。いろいろ試した結果、咀嚼舌の運動口臭ケアグッズの併用という3つの要素を組み合わることが最も効果の高い唾液分泌術だと分かりました。
詳しくは口臭は絶対に治る。10年間臭い息で悩んだわたしの対策方法をご覧ください。

 

 

コメントを残す

*

CAPTCHA